新築やリフォームの際に知っておきたい種類、素材

建物にかかわる種類、素材をまとめてみました。

新築やリフォームの際のきっかけ、参考に役立てれば幸いです。

建材

木材の種類と特徴。

スギ

性質:柔らかい。

特徴:構造よりも、変形部分(鴨居や廻り子)に使用される。

戦後、積極的に植林された為、 流通する数が多いこともあり、安価な木材。

ヒノキ

性質:水に強く、強度も高い

特質:伐採後から強度が増してゆき、100年はもつ木材として認知度が高い。
香りが良い。

比較的高価な木材の一つで、一般家屋から、質の良い物は神社仏閣にも使用されるほどの木材。
菌や虫に耐える力も高い。

ヒバ

性質:湿気や水に強い

特徴:比較的安価ながら、菌に対する耐性が強い。

ヒノキに近い性質を持っている。
菌に強いという特徴から、料理店で使用される高級なまな板としても。

クリ

性質:硬質だが、割れやすい。耐久・耐水・耐虫性が高い。

特徴: 土台に使用される。加工段階の「乾燥」に技術が必要。

塗装を施すと木目が美しく出ることから、家具にも多く利用。

 

ケヤキ

性質:硬質、強靭・耐久性が高い。

特徴:加工時に狂いが生じ易い為、高い技術が必要。

大黒柱や柱といった構造材としてや、
和家具から和箪笥、お盆、お椀、太鼓の胴の部分など、伝統文化的に使用。

 

サクラ

性質:粘性・耐虫性があり、反りや加工時の狂いが少ない。

特徴:手入れをキチンと行うとツヤが出てくる。
国内では「ヤマザクラ」が多く流通

 

ブナ

性質:硬質、粘性があり曲げに強い

特徴:削りやすく、接着しやすいため、フローリングなどの床材に使用。

 

ウォルナット(クルミ)

性質:硬質

特徴:きめが細かく、塗装なしでもツヤがでる。乾燥に手間がかかる。
高級材として内装にも良く使用される。

屋根

屋根は重要な素材にも関わらず、あまり目がいかない部分。
業者的には価格を抑えやすい部分でもある為、購入後何年か経ってから
後悔してしまう場合も…
注文住宅で購入される場合は特に意識して選びましょう。

コロニアル

別名「化粧スレート」「スレート瓦」

日本の新築屋根への使用率が最も多いといわれている。

コロニアルの中にもレベルがあり、最も使用されているのは安価なタイプ

価格によって、耐熱性や耐久性が変わる。

耐久性はメーカーサイトを見るとで約30年と推測できる。

素材は

合成樹脂/けい砂・セメント系塗料/裏面合成樹脂/パルプ・ポリプロピレン系樹脂繊維混入セメント板

となっており、セメント系スレートと呼ばれています。

 

瓦屋根

日本に古くからある屋根で、屋根素材の中で圧倒的に耐久性が高い。

耐熱性もたかく、夏冬の温度変化にも対応。

その分重量があり、建物自体の強度が高くないと、地震に対して弱くなる場合も。

素材は

粘土やセメント、石。配合や加工方法で様々に利用可。

 

壁紙

ビニールクロス

その普及率は9割以上といわれている。
手入れの簡単さ、 種類の豊富さ、施工の容易さが挙げられる
素材はポリ塩化ビニルでできており、
成形をしやすくするための可塑剤
変色やカビを防止する安定剤などが添加されており、
これらの物質の体の影響を心配される場合も。

紙クロス

紙ならではの風合いがあり、素材感を楽しめる。
比較的デザインも豊富。
アレルギーを持つ方でも安心して使える。
素材は、 紙で出来ているので、シミになりやすい、
汚れが落ちにくい。

 

複合フローリング

複合フローリングとは、
通常『フローリング』と呼ばれるものの正式名称。
この複合フローリングは、合板の上に本物の木の単板を貼って作られる。
その上に、表面を傷や擦れなどから守るためコーティング剤が塗ってあり、
このコーティング剤の性能が年々向上。

無垢フローリング

素材の木そのもので床を構成している。
踏み心地が柔らかなものが多く、足への負担が小さい。
傷がついても削ることで補修が可能、経年変化を楽しむことができる。
などメリットが多い。

自然素材ならではの、傷、樹液が出てしまうなどはある。

 

断熱、調湿機能を有しており、日本の生活に適している。

メンテナンス性からフローリングがメインになってきている。

 

まとめ

建物の種類、素材はダイレクトに人に影響します。

機能だけに注目せず、素材や成分にまで目を向けてみてください。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です